安全性を確保した浴室

コメントは受け付けていません。

浴室は一日の体の汚れを落とす場所でもありますし、体を芯から癒してくれる最高にリラックスできる場所でもあります。しかし家庭内の事故が多い場所でもあることを忘れてはいけません。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は家庭内で最も危険な場所の一つなのです。特に小さい子どもや足腰の弱った高齢者のいる家庭では安全性の確保をしっかりと行う必要があるのです。

従来の浴室の床はつるつるしたタイルの床でした。滑って転びやすく、また転んでしまうと大きなケガをすることもあります。しかし最近の浴室の床は表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものもあり、膝を直接ついても痛くないですし、大きなケガにも繋がりません。

浴槽で溺れるのを防ぐためにも、洗い場から浴槽へのまたぎをしやすくすることが大事です。以前は和式の高さのある浴槽が多かったです。また床に置くタイプだったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければいけませんでした。小さい子どもや高齢者にとってはとても入りづらいものです。また浴槽で溺れる原因にもなるのです。最近は半埋め込み式が主流となり、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなったことで、浴槽への出入りがスムーズになりました。また浴室内では立ったり、座ったり、またいだりなど動きが多いです。適材適所に手すりを設置すると安全性をより高められますし、入浴もしやすくなります。しっかりと安全性を確保し家族みんなが安心して入れる浴室にしましょう。

Posted on 8月 28th 2015 in 新築

地鎮祭

コメントは受け付けていません。

地鎮祭は、家の建築をする前に、その土地の神を祝って敷地を清め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、工事中の安全と建物の末永い加護を願う祭りです。
神式と仏式がありますが、一般的には神式で、神主が執り行います。
一ヶ月前には建てる家に近い神社を探し、一週間前までには設計事務所や施工会社と相談して、神社の方と打ち合わせます。

打合わせの内容は、
日時と場所・・・日にちは大安や先勝、友引の日を選びます。
施主の氏名、施工会社、設計者名
参加者の人数・・・玉串をお供えする人数
神餞品(お供え)をどちらで用意するか
神主の送迎はどうするのか
神主への謝礼の金額
必要なものは神主さんが用意しますが、神主さんの指示で施主側が用意することもあるので、確認しましょう。

式は、斎主の神主と、建設業者・設計者・施主らが参列します。土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場にします。場合によっては、赤白の横断幕を張ったテントの中で行うこともあります。
祭場の中には八脚台という木の台を並べ、その中央に神を呼ぶために神籬を立てて、南または東向きの祭壇とし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供えます。祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟物に榊をつけた真榊を立てることもあります。終了後、その場で直会(なおらい)を行いますが、その時の飲み物やおつまみは施主側で用意します。

必要な経費は、神主への祝儀が一人3万円、おつまみや飲み物が2~3万円、祝儀(都会では出さないことが多い)として一人5千~1万円、合計6~7万円です。

Posted on 8月 2nd 2015 in 新築

我が家のニッチ

コメントは受け付けていません。

我が家は現在新築住宅を建設中です。住宅雑誌やモデルハウスや完成住宅会に参加してきて、できるだけニッチを取り入れたいと思っていました。壁の厚みを利用して飾り棚を設けることができたり、小物の収納スペースとして活用できるニッチは最近人気となっており、住宅に取り入れる人が非常に増えてきました。壁の厚みを利用することで空間に全く圧迫感を与えないと言うのが最大の魅力です。広さに限りのあるスペースにもニッチを設けることで、おしゃれな雑貨を飾ることができたり、収納スペースを確保することができるのです。

我が家はまずリビングにリモコンニッチを設けました。インターホンモニターや太陽光モニター、給湯スイッチなど壁に取り付けるスイッチは多いです。これらをニッチ内に設けることで、壁に凹凸が生まれにくく空間をスッキリと見せることができます。
またリモコンニッチの上下には飾り棚としてのニッチを設けました。リビングのアクセントにもなり、空間に華やかさを増してくれます。お気に入りの雑貨を飾り雰囲気をおしゃれにすることができるのです。

そして実用性を高めるために、キッチンの腰壁に調味料入れニッチを造りました。多くの家庭で作業スペース部分に調味料を並べていると思います。調味料が作業スペースに並べられていることで、スペースを有効的に使うことができなくなります。調味料入れニッチがあれば調味料をきちんと管理でき、作業スペースを有効に活用できるので家事の効率も高められることでしょう。

そしてそのキッチンの腰壁にはダイニング側にマガジンラックを設けました。ダイニングで食事をしながら新聞を読んだり、お茶を飲みながら雑誌を飲むことも多く、ついそれらがテーブルの上に置きっぱなしになり片付かないということも多かったので、それらがきちんと片づけられるようにマガジンラックを設けたのです。壁の厚みを利用して様々な活用法ができるので、ぜひ住宅に取り入れてもらいたいです。

Posted on 7月 8th 2015 in 新築

住宅への不満

コメントは受け付けていません。

住宅への不満の多くは収納と少し前までは言われていました。
しかし最近ではこの収納への不満を解消し、適材適所に広さに余裕のある収納スペースを確保する間取りが多くなってきました。
そこで最近では住宅への不満の第一位はコンセントの位置と数と言われています。実際に新築住宅を建てた友人達からはコンセントはできるだけ多く設けておいた方がいいとアドバイスを受けることも多くなってきました。

我が家も家を建てることを決め、配線立ち合いも目前に迫っています。暮らしをイメージしながら、ここにコンセントがあって良かったと感じられる家にして、住宅への不満を少しでも減らしたいと思っています。友人宅は収納スペース内にコンセントを設けていました。理由を聞いてみると、充電式の掃除機を使用しているからでした。

最近ではこの充電式掃除機を使用している家庭も多いです。収納している時に同時に充電もできるようにと収納内にコンセントを設けていたのです。充電式でない掃除機を使用している場合には、一つのコンセントから全ての空間を掃除機かけられるようにしておきたいものです。最近ではLDKの一体感を高めたスタイルが多いです。この中央部分にコンセントを設けておけば、コンセントの挿し口を変えることなく、掃除機を使用できるのです。

またダイニング部分にはテーブルよりも高い位置にコンセントがあれば、ホットプレートを使用する時や、携帯の充電をする時に便利です。コンセントの位置や数においては事前にしっかりと考え設けましょう。後からここにも欲しかったなと思っても簡単に設けることができません。暮らしをイメージし、使用する電化線品を想定し余裕を持って設けておくといいのです。

Posted on 6月 15th 2015 in 新築

二階にも家族が集まれる空間を

コメントは受け付けていません。

二階には寝室や子ども部屋を設けるという家庭が多いと思います。しかし子どもが小さい家庭では二階はただ寝る時だけしか使用しないという家庭や、洗濯物をベランダに干す時しか使用していないという家庭が多いのではないでしょうか。

我が家は現在賃貸の二階建て住宅に住んでいます。二階には寝室や子ども部屋はありますが、まさに先ほど述べたように二階のベランダに洗濯物を干す時と、クローゼットで服の出し入れをする時しか使用していません。広々とした二階スペースがあってもほとんど使用せずもったいない空間となっています。

そんな我が家も現在二階建ての新築住宅を建設しています。新しい家でも二階はほとんど使用しないということにならないために、階段を上がった先の二階ホールを家族で集える第二のリビングルームを設けるようにしています。
このような空間があることで寝る前の時間を家族でゆっくりと過ごす空間として活用できます。眠くなってもすぐ近くに寝室があるので便利さも感じると思います。一階で過ごす時間だけを重視するのではなく、二階の空間も有効活用させ無駄なく空間を活用し、二階には二階でしか味わえない特別な空間があることで住宅への満足度も高まってくるのです。

我が家はこの二階ホールから二階のベランダへ行き来できるようになっています。一階にはない眺望を楽しみながら過ごせる空間なのです。休日にはここでゆっくりと朝の時間を過ごすのもいつもと違った雰囲気で素敵だと思います。一階だけでなく二階の空間をどのように過ごすかというもの家造りのこれからのテーマと言えるのかもしれません。

Posted on 6月 4th 2015 in 新築, 間取り

可動間仕切り収納

コメントは受け付けていません。

子ども部屋は住宅の中で変化が求められる空間です。我が家の新築住宅ではこの変化にしっかりと対応できる子ども部屋でありたいと思っています。そのためには子どもそれぞれに個室を設けておくのではなく広々ワンルームの子ども部屋にしておくのです。

子どもが小学生頃までの間であれば家族や兄弟で過ごす時間が多いです。広々ワンルームの子ども部屋であれば二階でも兄弟姉妹が仲良くのびのびと遊ぶことができます。またここに布団を敷いて家族みんなで寝ることもできます。

小学生頃になると机を並べて勉強をし共に成長できます。中学生頃になるとそれぞれの個室が欲しくなるものです。その時に可動間仕切り収納を活用させるのです。広々ワンルームを二つの部屋に区切るのです。可動タイプなので広さも自由にアレンジできます。取り付けも簡単ですし、収納機能も兼ね備えているので一空間が狭くなっても物をきちんとしまうことで圧迫感なく個室を過ごすことができることでしょう。
将来的に二つの部屋になることを考えて予め出入りするドアは二つ設けておきましょう。ドアだけでなく、窓や照明、クローゼットなども二つ設けておくと、二つの部屋になった時も問題なく生活できます。

そして子どもが巣立っていけば区切られた子ども部屋は必要なくなります。その時も可動間仕切り収納であれば簡単に空間を変化させられるのでしっかりと変化に対応できるのです。空間を上手に活用するには変化にしっかりと対応できる家造りをすることが大事なのだと改めて思います。

Posted on 5月 11th 2015 in 新築, 間取り

キッチンスタイル

コメントは受け付けていません。

キッチンスタイルが多様化する中、自分にどのキッチンスタイルが適しているか見極める必要があります。
最近一番人気なのが対面式のフルオープンキッチンです。
このキッチンスタイルはLDKの一体感を高めてくれ開放感が生まれます。また子育て中の家庭ではこのスタイルを取り入れる人が多いです。
キッチンで家事をしていてもリビングやダイニングにいる子どもの様子に目が届きやすいので安心できるからです。

従来は壁付けのキッチンが主流でした。私は母の背中をよく見ていたという印象があります。キッチンに居る時間を一人で、より集中して家事を行いたいという人には最適だと思います。しかしそうではない人がこのスタイルのキッチンにすると、キッチンに立つ時間が孤独と感じてしまうと思います。
キッチンで家事をする時間も家族とのコミュニケーションを大事にしたいと考えるのであれば対面式がいいでしょう。
子どもと料理を楽しみたいと考えるのであればアイランド型キッチンもいいでしょう。
作業スペースを広く確保できることで親子で、また家族みんなで料理をして楽しむことも可能です。キッチンが中心となる家になると思います。
自分達のライフスタイルに合ったキッチンスタイル選びをしたいものです。

我が家の新築住宅のキッチンは対面式のセミオープンのキッチンにしました。
家族との繋がりやコミュニケーションを大切にしながら、調理して汚れたキッチンの目隠しになるスタイルにすることで家事を楽しみながら、常に素敵なキッチンにすることができるからです。
自分に合ったキッチンスタイルを取り入れましょう。

Posted on 4月 7th 2015 in 新築

和室のあり方

コメントは受け付けていません。

新築住宅を建てる人は和室のあり方のついて悩む人も多いではないでしょうか。
我が家の住宅の間取りを考える際に、和室を完全独立型にするか、リビングにつながった和室にするか迷いました。
このように迷う人は自分のライフスタイルを考えてみてください。
親戚やご両親が泊まりに来たりする機会が多い家庭であれば独立型の和室がいいと思います。独立型の和室であれば宿泊者をゆったりとおもてなしできることと思います。

リビングのテレビの音を気にせず休むことができます。
また和室を客間として活用する機会が多いのであれば独立型の和室があった方が便利だと思います。リビングにお通ししたくないお客様が来てもこの和室で対応できるのです。
リビングとつながりのある和室にすると、和室を多目的に使用できる実用性の高い空間とすることができます。
またリビングを広く見せたいという人はこのつながった和室だと効果を発揮してくれます。リビングと開放して使って広さを演出できるのです。
リビングにお通しできないお客様はほとんど来ないという家庭や、宿泊ルームとして和室を活用する機会も少ないという家庭はこちらのスタイルの方が和室の活用法の幅を広げることでしょう。

我が家は自分達のライフスタイルを考えた結果、リビングにつながった和室にすることにしました。家族の集まるリビングを重視していたのでつながった和室にすることで広さを実現できます。
和室を個室としても使えるように扉も設けました。
子どものお昼寝や、洗濯物やアイロンがけなど家事をする空間としていいと思います。
和室のあり方を今一度考えてみてもいいと思います。

Posted on 3月 21st 2015 in 新築, 間取り

重要な土地選びと業者選び

コメントは受け付けていません。

家を建てる上で非常に大事になってくる土地選びと業者選び。
まず土地選びに関しては土地に求める優先順位を明確にしておくといいでしょう。
学校や勤務地の近くがいい、日々の生活で欠かせないスーパーや病院が近くがいい、閑静で住環境に適した場所がいい、公共施設の近くがいいなど土地に求める条件は人によって違ってきます。
全ての条件を満たす土地はなかなか見つからないでしょう。
見つかったとしても予算をかなりオーバーして購入できないということになります。
これらの条件の中で何を最優先するのか優先順位をつけることで地域がある程度絞られてきます。

同時に土地の相場を確認しておくことで予算を立てやすくなります。
予算や条件を満たした気に入った土地が見つかれば、日時を変えて幾度か下見に行くといいでしょう。
一度見ただけでは分からなかったことが幾度か足を運ぶことで見えてくることがたくさんあります。
日当たりや風通しだけではなく、治安の良さや近隣住民の人が良さそうかなどあらゆる角度からチェックしておいた方が後々安心できます。

そして理想の家を現実にするには家を建ててくれる業者選びが大変重要です。
これにおいても理想の家というのをただ漠然と思い描くのではなく、より鮮明にイメージすることでそれを実現できる業者かどうかという見極めができます。
純和風の家をメインで建てる工務店に欧風住宅を依頼しても完成度の低い住宅になること間違いありません。
業者選びは自分の理想とする家と照らし合わせながら、業者さんとの相性がいいところに依頼するといいと思います。
住宅造りは打ち合わせが多く、業者さんと相談する機会が多いです。
信頼でき、的確なアドバイスをしてくれる経験豊かで親身な人と出会うに越したことはありません。

Posted on 2月 26th 2015 in 新築

上質な洗面室を目指して

コメントは受け付けていません。

女性の多くはホテルのような洗面室に憧れを抱くものです。
私もその一人で、これから建てる新築住宅の洗面室はホテルを思わせてくれる上質の洗面室を目指したいと思っています。
洗面室とは広さに限りがあります。大きな鏡でゆったりとお肌のケアをしたり、ゆっくりと座りお化粧をしたいと感じている人も多いでしょう。

実現するためにも洗面室に必要なものをしっかり収納することが大切です。
大きな鏡の奥には歯ブラシやコップなどの小物からドライヤーやティッシュなどの大きさのある物までしっかり収納しておくことで、生活感の出るものはしっかり隠して収納することができ、使い勝手のいい収納として感じることもできるでしょう。
洗面部分やカウンターはワイドでスクエアタイプのスタイリッシュさを感じる洗面ボウルにすることで使いやすくまた上質な洗面化粧台を感じることができると思います。
洗面ボウルの下の収納は引き出しタイプで、奥に収納した物も出し入れしやすい収納にすることで大容量に収納できる使い勝手のいい収納となるのです。

また洗面室に置くことの多いヘルスメーター。このヘルスメーターが意外と足にかかり邪魔に感じることがあります。
洗面台の下にこのヘルスメーターを収納するスペースがあるものを選ぶことで、使わない時はしっかり隠して収納できるので、邪魔に感じることも、足のつまずきにもならないでしょう。
また洗面室にリネン庫があるとタオルや衣類の収納に便利です。一か所で必要な物を全て収納できれば快適な洗面室とすることができます。

Posted on 2月 2nd 2015 in リフォーム, 新築