建売住宅のメリット・デメリット

コメントは受け付けていません。

建売住宅を購入した人たちが、建売住宅に決めた理由を聞くと皆が口を揃えて価格の安さと言います。建売住宅は、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができますし、開発地などが多いため土地の代金も安く設定されていることも多いのです。同じ条件の土地に注文住宅を建てる場合、土地の仲介手数料など余計な費用がかかるので2~3割のコストアップになるのです。

また、実際の建物を事前に確認できるので、暮らしをイメージしやすくなります。間取りや設備、デザインなどそのままを確認できますし、日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるため大きな判断材料となります。そして、土地を探す手間が省けるという魅力もあります。

また、入居するまでの期間が短いというのも嬉しい点です。注文住宅であれば、土地を見つけ、建築会社を決めてから、間取りや細やかな使用を決めていきます。そのため全体で半年ほどの工期が必要となってきます。しかし、建売住宅であればすでに住宅は建築済みですし、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので、最短で1~2ヶ月ほどで入居することができるのです。

このような魅力がある一方で、自由度が全くありません。リビングをもっと広くしたい!収納を増やしたい!と思っても簡単に変更することができません。建売住宅の多くが、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられているため、希望に沿った間取りに巡り合えるかがポイントでもあるのです。また、建物が完成している場合が多いため、建築過程を確認することができません。どのような建材や断熱材を使用したのかが定かではないのです。建売住宅のメリット・デメリットを考慮して購入をしましょう。

Posted on 4月 4th 2018 in 新築

ウォークインクローゼット

コメントは受け付けていません。

ウォークインクローゼットは、憧れの収納ナンバーワンなのに、片付かないワーストワンになってしまう場所です。上手に使いこなす方法を考えましょう。

失敗例
ウォークインクローゼットは小部屋のような感じなので、軽い気持ちでスーツケースや育児用品、季節の寝具、健康器具、スポーツ用品など、衣類以外のものを置いてしまい、床いっぱいに物が置かれて、踏み込めない場所になってしまう事があります。場所があるからとりあえず突っ込む事を繰り返すうち、ウォークインクローゼット本来の機能が失われてしまうのです。パイプに吊るした服に手が届かなくなり、衣装ケースから服が出せなくなります。床から天井まで埋め尽くすほど物が溜まってしまう前に、片付けましょう。

仕舞ってあるものを取り出して点検する
まずは、入り口をふさいでいる物を取り出して点検しましょう。子どもが使っていた遊具やスポーツ用品などの使わなくなった物、なくても暮らしに困ることはない物など、不用品を処分すると、クローゼットに戻すべき物が少なくなり、スペース本来の姿が現れてきます。

ウォークインクローゼットだからたくさんしまえると思いがちですが、自分が中に入って出し入れする場所なので、人が立っていられるスペースを差し引くと収納スペースは、思っているほど広くはないのです。

ウォークインクローゼットであっても、収納方法は壁面タイプのクローゼットと同じです。クローゼットと言われる収納スペースは、ハンガー用のパイプがあり、その上に棚が付いているのが一般的です。一方、衣類のしまい方は、ハンガーに掛けて吊るしておくか、たたんでしまっておくという方法です。道具を上手に使って、収納していきましょう。

Posted on 2月 20th 2018 in 新築

リビング収納

コメントは受け付けていません。

住宅の要とも言えるリビングこそ収納スペースをしっかりと確保しておきましょう。リビングは家族が様々なことをして過ごすためつい物で溢れてしまいがちです。しかし、物で溢れてしまうとリビングの居心地の良さを低減してしまいます。リビングの快適性をしっかりと確保できるようにもリビングの収納は大事なのです。

我が家は、リビングの背面にウォークイン型のリビング収納を設けました。建具を設けずアーチ状の垂れ壁でリビングと収納スペースを繋ぎました。物の出し入れの際に扉を開けたり、閉めたりする手間がなくなります。そしてリビングから収納している物が見えない収納スペースを作ることで、見せたくない日用品をしっかりと収納することができますし、大きさのある掃除機やアイロン台なども収められています。

壁には天井まで広がる大きな棚を造り付けました。収納する物に合わせて棚の高さを自由に調整できるのでデッドスペースを生まず、効率よく物を収納することができます。他には子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、ランドセルなども自分達が出し入れできる位置に収納し、パソコン関連用品や説明書、薬箱や爪切りや電池など家族みんなで使用する物もここに管理しています。リビングという中心部分の収納を充実させたことで、急なお客様にもスムーズに対応しやすくなりますし、家族みんなで物を共有しやすくもなっています。リビング収納にも注目してみましょう。

Posted on 1月 9th 2018 in 新築

シンプルライフってどんな暮らし?

コメントは受け付けていません。

シンプルライフに憧れる人は多いです。心を整理し、生き方を見つめなおすためには、暮らしをシンプルにするのがいちばんです。物でゴチャゴチャの暮らしは、もううんざり、もっと身の回りをスッキリさせて、ゆったり暮らしたいと願います。シンプルライフは、無駄を排して、必要最小限の物で暮らすことといわれますが、では無駄な物って何でしょう、必要最小限はどの程度なのでしょうか。

ある人にとっては、青春時代に集めたアナログのレコードはとても大事な物ですが、他人から見ると、あんな古いもの取って置いて、と思えます。またもう着られない服を後生大事に取っておいてもしょうがないと見えるものでも、本人にとっては大切な思い出かもしれません。

他人の持ち物は無駄に見えます。必要最低限というのは、住んでいる土地や体質、所属する社会層などによっても、千差万別に変わります。たとえ人生をシェアしている夫婦であっても、無駄な物、必要な物は異なっています。

お皿は何枚、靴は何足と、予め決まっていて、それに従ってさえいれば、シンプルライフが完成するなら楽ですが、実際は違います。万人に共通するシンプルライフのスタイルはないのです。

物が少なければ少ないほどいいなら、単なる我慢大会になります。シンプルライフは物がない暮らしではなく、物に振り回されない暮らしです。足りない物も、過剰な物もない、自分にとってちょうどいい規模の暮らし、心と体が健康で、リラックスできる暮らしなのです。それは自分にしか分かりません。自分で探していかなければいけないのです。

一人ひとりのサイズに合った、ちょうどいい暮らしを考えていくことで、質の高いシンプルライフを目指しましょう。

Posted on 11月 15th 2017 in 新築

洗面室

コメントは受け付けていません。

洗面室は、家族みんなが利用する機会が多い空間ですし、ここに洗濯機を設置することから家事を行う上でも重要な空間でもあります。手洗いや歯磨き、お化粧やヘアセットなどの身支度も行いますし、洗濯や入浴の前後でも使用します。このようにいろいろな用途で使用されることから、収納しておきたいものも多く収納不足に陥りやすい空間でもあるのです。

物であふれてしまうことで洗面室が一気に生活感で溢れ、お客様に見られたくないスペースの上位になってしまうのです。LDKばかり重視されがちですが、意外と洗面室は重要なのです。そこで収納不足に陥らないようにしましょう。広さに限りのある洗面室であっても空間を上手に利用することでしっかりと収納スペースを確保できます。

まず洗面化粧台の収納力に注目して選びましょう。洗面周りで使用する小物からタオル、浴室掃除用具など洗面台の収納力があると助かります。これらは目に触れると生活感を与えるだけに鏡の奥や洗面ボウルの下の収納にしっかりと隠して収納しておくといいのです。そして、洗面台と洗濯機を横並びに配置すると隙間が生まれることもあります。

隙間をそのままにするのではなく、化粧台の高さと奥行を合わせた隙間収納を取り入れることで、デッドスペースを生まず収納スペースを確保でき、洗面台とのサイズと合わせることでスッキリとした空間が広がります。そして洗濯機の上部にも可動オープン棚やランドリーパイプなどを設けて選択の家事が行いやすいようにしておくのです。必要な物が必要な場所にきちんと揃えられ、家族みんなが利用しやすい洗面室にしたいものです。

Posted on 8月 7th 2017 in 新築, 未分類

リビング収納

コメントは受け付けていません。

家族が長時間過ごすリビングはくつろぐスペースであるのですが、実はどの部屋よりも物で溢れ生活感を感じさせていませんか。子ども達はおもちゃを広げて遊んだり、勉強をしたりしますし、ママは洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事をすることもあるでしょう。くつろいでいる人の周りにおもちゃや家事用品が広がっているとリビングの快適性は下がってしまいますし、ゆっくりとくつろぐことができません。

どこのスペースよりもリビングの収納に力を入れるべきなのです。そこで我が家は、テレビ台の後ろにウォークイン型のリビング収納を設けました。リビングからは収納しているものが見えないため目に触れると生活感を感じさせる日用品を収納するにも最適ですし、掃除機などの大きさのある電化製品までもスッポリと収めることができています。

壁一面には棚を造り付けています。収納する物に合わせて棚の高さを自由にアレンジできるためデッドスペースを生むことなく物を効率よく収納できています。日用品や電化製品だけでなく、子ども達のおもちゃや勉強道具、幼稚園グッツやランドセル、書類や説明書、日用雑貨などリビングで使うものをしっかりと収納できています。

リビングに散らかるものをここにきちんと整理することができるため、リビングがスッキリと快適性の高い空間を保つことができるのです。急なお客様にもスムーズに対応できるのです。また、家族で物を共有しやすくなるというメリットもありますし、身近な場所に物を出し入れしやすい収納を設けることで、出したらしまうという習慣も自然と身に付くのです。リビングこそ収納を充実させ、居心地のいい空間を手にしたいものです。

Posted on 5月 24th 2017 in 新築

大手ハウスメーカーと工務店

コメントは受け付けていません。

我が家の新築住宅もようやく完成しました。家造りを行う際には、まず誰に家を建ててもらうかを決めなくてはいけません。この依頼する業者を決めることこそ、家造りを成功させることができるかどうかの大きな決め手となるのです。それだけに我が家は大手ハウスメーカーから工務店まで数多くの業者と出会い、話をしてきました。

大手ハウスメーカーで一番印象に残っていることは、数字を並べて自社製品の良さをアピールすることや利益第一の体質が強く、営業が少々強引であることです。住宅に無知な我々は、ついついその話術に吸い込まれていました。大手ハウスメーカーは会社としての規模も大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなど家造りをイメージ沸かせるための材料も豊富に揃っています。最先端の洗練されたデザインや提案力を持っています。

しかしこれらの魅力がある一方で、価格がどうしても高めであるのも事実です。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など、さまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうのです。また自社商品しか売ってくれなかったり、商品の規格化のため、自由にならない部分もあるのです。

それに比べて地元の工務店は、建築主の希望や都合を最優先に考えてくれ、大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができます。また地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視する傾向にあるのです。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視されたり、洗練されたデザインや提案力に欠けると感じる人も多いのです。どちらを選択するかで業者が選びやしやすくなるだけに、まずはここから選択してきましょう。

Posted on 11月 15th 2016 in 新築

小上がりの和室

コメントは受け付けていません。

我が家に設けた和室は、リビングの延長上に小上がりの和室を設けました。小上がりにすることで、洋風LDKと畳の和の空間を違和感なく隣り合わせに存在させることができています。小上がりにした理由は、まず空間にメリハリをつけたかったからです。これなら普段は建具で仕切らずオープンにしていても洋風と和風の空間が違和感なく広がります。空間が間延びすることもなく、メリハリも生まれます。

この高さを活かして畳下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして利用しています。リビングに隣接した収納スペースなので、リビングで使用するものも和室で使用するものも収納しておくことができ便利なのです。そして何より腰を下ろして休憩する場所として重宝しています。家事の合間にちょっと休憩したくても、ソファはいつも家族が占領していることが多いです。床に座り込んでしまうと、立ち上がるのが面倒になり、休憩時間が長くなりがちです。この小上がりの和室が休憩時間として最適なのです。

腰を下ろしてテレビを見たり、そのままゴロンと身体を倒して横になってくつろぐこともできます。高さがあるため立ち上がりも楽に行えるので家事への取り掛かりもスムーズなのです。足腰の弱った高齢者にとっても体に負担を掛けることなく休憩できる最高の居場所となるのです。近年、住宅においても洋風化が進み和室が一室もない家も珍しいことではなくなりました。しかし日本人なら畳の和の空間を大切にして、いつまでも受け継がれて欲しいとも思います。

Posted on 9月 16th 2016 in 新築, 間取り

横一直線の家事動線

コメントは受け付けていません。

家事は365日休みがありません。主婦にとって家事はこれから先もずっと続くものであるだけに、家事を効率良く、そして不満や負担に感じることのないようにしっかりと環境を整えておきたいものです。

そこで我が家は横一直線の家事動線を取り入れました。家事の中心はキッチンです。このキッチンを中心に家事の際に行き来を頻回に行う動線を横一直線で繋いだのです。まず一日三度もある食事の支度です。キッチンとダイニングの動線に注目して下さい。キッチンの真横にダイニングを設けたことで、キッチンと行き来する動線は短くなります。食事の支度の際にはキッチンとダイニングを行き来して配膳したり、食後はお皿を下げます。動線が短いことに越したことはないのです。

キッチンの真横にダイニングを設けたことで、今までキッチンにあまり興味を示さなかった子ども達がキッチンに目を向けるようになりました。キッチンという存在が身近に感じられるようになったのです。料理をしている私の傍に来てお手伝いをしたい!と言ったり、食後のお皿はきちんとキッチンに下げてくれるようになったのです。

このキッチンと行き来を頻回に行うのは洗面室もです。キッチンで家事をしながら洗面室で違う家事を行うこともあります。同時に2種類の家事を円滑に進めるにはキッチンと洗面室も隣り合わせに配置して、動線を短くするといいのです。これなら行き来がスムーズに行えますし、家事も効率もグンと高まるのです。洗面室とキッチン、ダイニングを横一直線で繋いだことで家事動線がコンパクトになり家事の時短も夢ではないのです。家事動線に目を向けてみて下さい。

Posted on 7月 5th 2016 in 新築, 間取り

1坪洗面室

コメントは受け付けていません。

我が家の洗面室はLDKを重視したことで1坪という広さしか確保できませんでした。以前は、洗面室の一般的な広さは1坪だったのですが、最近では1坪以上の広々とした洗面室が人気となっているのです。最初は1坪で使いにくくないか心配していたのですが、実際に生活してみて洗面室は1坪で十分なのだとも感じます。

もちろん広いに越したことはないのですが、1坪でも十分使いやすく、必要な物をきちんと収納しておくことができるのです。まず壁面を確保することを優先しました。壁があることで収納スペースを確保できるからです。窓は天井近くに横長のサイズの窓を設けました。チェーンで開閉できるため、明るさの確保もできれば、換気面でも問題ありません。ここには洗面台と洗濯機を隣り合わせで配置しています。これらの間に20~30㎝ほどの隙間が生まれるのですが、この隙間を有効利用してキャビネットを設けたのです。

ここをただの隙間としてしまうのではなく、収納スペースとすることで、洗剤などの洗濯関連用品をはじめ、お化粧道具、シャンプーなどの在庫、タオル類をしっかりと収納できています。そして洗濯機の上部にはオープン棚を設けて家族の下着やパジャマを収納しています。収納カゴを揃えてこのオープン棚に収納しているので、見た目にも統一感がありスッキリですし、ここで必要な物をきちんと収納できているので入浴の事前準備もしやすいのです。服を脱いだり着たりするスペースも十分確保でき、物もきちんと管理でき、工夫次第で1坪でも全く問題ないのです。

Posted on 6月 9th 2016 in 新築