住宅資金の矛盾

コメントは受け付けていません。

人は、どんな形であれ、住まいが必要です。

それが持ち家であれば、一番いいのですが、持ち家でなくとも、住まいを持ちます。これが賃貸住宅と言う形です。

 持ち家を購入するためには、住宅ローンを組む必要が生じます。頭金が多い少ないはありますが、残金は、住宅ローンを利用することになります。

当然のことですが、頭金が多ければ多いほど、住宅ローンの返済は楽になります。反対に、頭金がわずかだと、返済は長く、きつくなります。そう考えたら、まず、頭金をしっかり貯めて、住宅ローン返済をできるだけ楽にすることが大切だと思うわけです。

しかし、もっとよく考えてみましよう。頭金を貯めるとき、住宅費は掛からないわけではありません。当然、賃貸住宅に払う家賃が必要です。

つまり、家賃と頭金の貯金の2つが住宅費となってしまいます。できるだけ頭金を貯めてから、住宅ローンを組むというのが、堅実な住宅取得の道筋だと言われます。結婚して、長子が小学校に入学するのを目途に、持ち家を考えるとしたら、共働きの場合でも、保育園や幼稚園などの経費も必要で、その上で、二重の住宅費を負担するとなると、家計的にも厳しいと思います。

もしかしたら、頭金を思うように貯めることができないかもしれません。もちろん、無謀な見切り発車は絶対にやめるべきですが、できるだけ、頭金を貯めてからと言う考えも少し検討の余地があるのかもしれません。

銀行へ貯蓄してもほとんど利息がつかず、住宅ローンの金利は史上空前の低さの今だからこそ、前向きに考えていくことも大切だと思います。子どもは成長するにつれ、教育費がかさんできます。頭金と貯蓄と家賃のダブル負担でいくか、住宅ローンの支払いだけに切り替えるか、そのタイミングは検討と決断あるのみだと思います。

Posted on 6月 4th 2012 in 不動産, 住宅ローン

諸費用以外にかかる費用

コメントは受け付けていません。

住宅ローンはどこの銀行から借り入れをするかまた、どのような金利の住宅ローンで借り入れをするかで返済の額は変わっていくことになります。
また諸費用に関してはだいたいの話になりますが物件購入金額の3パーセントから8パーセントぐらいかかると考えるといいでしょう。
また不動産会社に物件探しの依頼をして契約などの仲介してもらう場合、不動産屋に支払う仲介手数料が必要になります。
不動産会社に支払う仲介手数料は物件価格の3パーセント+6万円の金額に消費税をかけた金額になります。
上記の金額以外にも中古マンションなどの物件を購入する際にかかる金額があります。
どのような金額が必要になるかというと引っ越し代や賃貸物件からの住みかえの場合は退去するまでの日割の費用や物件によってはリフォームの代金が必要になると思います。
引越の費用は、引っ越す物件までの距離や、引越先のマンションの階数やエレベーターの有無、運び出す家財の量と使用される車両の大きさによって変わります。
数多く引っ越し業者がありますが、大手も含め2社から3社に見積もりを出してもらい、サービス内容も考慮して決めていくのが良いかと思います。安さだけで決めてしまうと引っ越しの梱包なども変わってくるので考えものです。
賃貸物件から引っ越しする場合、物件を管理している不動産会社にもよりますが、部屋から出て行く1ヶ月前に通知しておかなければなりません。
1カ月に満たない場合は違約金を取れれる場合もありますので、契約をした時の賃貸物件の規則を確かめておいた方がいいかと思います。
また賃貸物件を出ていく際に現状回復のための費用がかかる場合もあるのでその点も注意しておきたい所です。

Posted on 4月 16th 2010 in 不動産, 住宅ローン

住宅ローンシュミレーションの注意点

コメントは受け付けていません。

今回も住宅ローンシュミレーションについて考えてみましょう。
前回は住宅ローンシュミレーションを行う上で最大限の借り入れをするのか、それとも無理のない返済を考えて借り入れをするのかという事を書きました。
今回は中古マンションを購入する時にかかる諸費用に関して考えてみようと思います。
よくみなさんが言われることですが、中古物件探しを不動産屋に依頼する際に「1500万円ぐらいの物件」ということが多いようですが、この1500万円という金額をどのように考えているのでしょうか?
中古マンションや中古住宅などの不動産物件を購入する際には物件そのものの金額の他に支払わなければいけない諸費用という物が発生します。
いくつかあげてみると「登記費用」「不動産取得税」「固定資産税」「修繕費・管理費」「火災保険料」「団体信用生命保険料」「仲介手数料」などの金額です。
こういった費用の金額を含めて1500万円で中古マンションを探すのと、含めないで物件を探すのとでは借り入れの金額は大きく変わってくることを考えておいて下さい。
また住宅ローンの組み方によっても返済の額は変わってきます。
フラット35のような全期間固定金利で返済していくのと、初めの数年間だけ優遇金利で返済して残りの期間は市場金利に合せた変動金利で返済していくのかなど、金融機関によって進めてくる住宅ローンの形はそれぞれだと思います。
私が思うに、低金利の今だからこそ全期間固定金利で住宅ローンを組んでおいた方が良いと思います。

Posted on 3月 7th 2010 in 中古マンション, 住宅ローン

住宅ローンシュミレーション

コメントは受け付けていません。

前回中古マンションを購入するための資金・予算について書きましたが、今回ももう少し購入資金や住宅ローンについて考えてみたいと思います。
実際に自分たちがいくらの中古マンション物件を購入することができるのか?ということはみなさんが一番気にされる所だと思います。
中古マンションの購入を考え始めて夢は膨らむものの、その購入に必要なな資金の計画がたたないことには一向に前に進まないということになると思います。
一歩前に進めるためにも住宅ローンをいくら借り入れができるかを住宅ローンシュミレーションなどを使って考えてみましょう。
住宅ローンシュミレーションは銀行などの金融機関や一部の不動産店などでできますが、簡易的なシュミレーションでも良ければ自宅のパソコンでインターネットを使ってシュミレーションすることも可能です。
気になる方はヤフーなどの検索エンジンに「住宅ローンシュミレーション」と書きこんで検索してみましょう。
住宅ローンシュミレーションをする上で気をつけておかなければいけないのは年収から考えた最大限いくら住宅ローンの借り入れができるかと、月々の返済額から考えてどの位まで借り入れができるかという二つの観点があることです。
人それぞれの考え方はあると思いますが、最大限の借り入れをして高い物件を購入し毎月ぎりぎりで返済するのが良いのか、無理のない借り入れで余裕のある月々の返済をしていくのか、よく考えてシュミレーションをしてみましょう。

Posted on 2月 20th 2010 in 中古マンション, 住宅ローン

不動産購入の資金

コメントは受け付けていません。

中古マンションをはじめとする不動産物件を購入するために莫大な資金が必要になってきます。
実際にほとんどの方が住宅ローンを申し込んで購入することになります。
そこで中古マンションを購入するための資金についてですが、ある程度の資金・予算を考えておかないといけません。
実際に物件購入の為の予算を決めておかないと、不動産屋に中古マンション探しの依頼をしていくつかの物件を見た中で気にいった物件がみつかったとしても、その物件を購入するだけの住宅ローンが組めないなどそれまでの物件探しなどが無駄になってしまうケースも考えられます。
そいうならないためにも自分の収入や配偶者などの収入を合算なども含めた物件の購入の為の予算を考えておきましょう。
銀行や一部の不動産会社では住宅ローンをいくらまで借り入れできるか試算するための住宅ローンシュミレーションを行ってくれる所もあります。
また住宅ローンの借り入れ日関しては様々な形の借り入れがあるので金融機関や不動産店などで相談して見ましょう。
また中古マンションだけに係わらず新築の住宅に関しても言えることですが、よくチラシなどで「月々の住宅ローンの返済は賃貸並み!4万円台!」などと書かれていることがありますが、ほとんどが物件や建物だけの価格だったりとカラクリがあるため甘い言葉にのってしまわないように気をつけておきましょう。
無理なく返済できる金額の範囲内でマンションを探すようにしましょう。

Posted on 1月 14th 2010 in 中古マンション, 住宅ローン