震災から学べる物件探し

コメントは受け付けていません。

先月、3月11日に発生した東日本大震災から一ヶ月の時が経とうとしています。
一ヶ月経つにもかかわらず、福島原発の問題や避難生活、仮設住宅の建設など問題は山のようにあります。
被災地の仮設住宅建設に関しては国においても最優先事項となっていますが、そのため全国的に住宅を建てるための建材などが不足していることは以前にも書いたとおりです。
また関東では埋め立て地を中心に液状化現象が起こった事も大きな問題です。
これらのことは今後新築のための土地を探したり、中古住宅や中古マンションを探す場合に大いに活用できることだと思います。
特に液状化現象に関しては新築の土地を探したり、中古住宅や中古マンションを探す上で考える希望条件の中で周辺環境や安全性と言った面で重要視されてくるのではないだろうかと思います。
今回の液状化現象が起こった千葉や横浜は臨海の埋め立て地で発生していることが明確に分かりましたが、
海の埋め立て地でなくとも元は池や沼だった所でも液状化現象が発生しています。
このことから土地や不動産物件を探す場合に念のためにその土地の歴史なども調べてみることも必要なのかもしれません。
海や池、沼の埋め立て地でなくとも、よく聞く話として新築用の土地を購入したら土地の地盤が弱かった為に地盤改良や造成などに費用が必要になったという話です。
土地にしても中古住宅・中古マンションなどの物件にしても金額と見た目の状況だけで善し悪しを決めることは危険なのです。
最近よくリフォーム・リノベーション済みという中古住宅や中古マンション物件があります。
見た目は確かにキレイになっていて魅力的な物件に見えるでしょう。
しかし逆に言うと物件の悪い部分を見えなくしているということも言えます。
滋賀でリフォーム済み物件の購入を考えていた友人は、今回の震災を受けて土地や住環境についても考えなければと考えなおしたと言います。
不動産会社・住宅会社にしっかりと調べてもらうことにしましょう。

Posted on 4月 17th 2011 in 不動産, 物件探し

気になる物件を見つけたら

コメントは受け付けていません。

新築を建てるための土地や中古マンション、中古住宅などの不動産物件を探している中で気になる物件や購入を考える不動産物件を見つけたらできるだけその物件に足を運ぶようにしましょう。
気になったり購入を考える物件に関しては最初の物件案内から何度も案内を不動産会社に頼むのは気が引ける方もいるのではないかと思いますが、人生で一回しかない大きな買い物かもしれないので遠慮せずに物件を見に行くようにしましょう。
また見に行くとしてもただ物件を見に行くだけではもったいないので自分や家族が気にする、希望する条件などをしっかりとチェックするようにしましょう。
物件に対する希望に関しては色々な物件を見に行く場合にもチェックできるようにチェックリストを作成しておくことも良いかもしれません。
気になる点やこだわりたい点に関してはしっかりと確認するようにしましょう。
また中古住宅や中古マンションなどの建物物件に関しては自分や家族のこだわりや希望以外にも建物全体の状態や傷み具合、住宅の付帯設備が何が付いているなどの点も気をつけてみておきたい所です。
土地の物件に関しては周辺の環境なども自分の足で歩いてみて確認しておくことが大切です。
また歩いている途中で近隣の方と出会ったらその周辺に関する事を聞いてみるのも良いかと思います。
新築を建てるために大分で土地を探していた親戚の話ですが、不動産会社の調査では聞けなかったことが近隣に住む方とお話しした時に知ることができたことがあったそうです。
気になる物件にはできるだけ時間をかけるようにしましょう。
売買物件ではないのですが、
北海道に転勤になった友人は札幌で賃貸物件を探した時に丸2日時間をかけて部屋探しをしたそうです。
折角、購入する物件やお家造りなので確認しても、し過ぎることはないと思うので物件に足を運びましょう。

Posted on 2月 20th 2011 in 物件探し

不動産会社

コメントは受け付けていません。

中古マンションなどの不動産物件を探す時に時分で不動産情報を集める以外に重要なのは不動産会社に物件探しを依頼するわけですが、どこの不動産会社に物件探しを依頼するかということはみなさん悩む所だと思います。
大手の不動産会社と地域密着の地元不動産会社のどちらにいらするべきかというとことですが、答えは単純でどちらにも依頼すればいいのです。
不動産会社に物件探しを依頼するのはお金のかかることではありません。
不動産会社にお金を支払うのは実際に物件の契約が成立した時なのです。
またお客様が複数の不動産会社に物件探しを依頼しているということは、不動産会社側からすれば当たり前のことなのです。
何も遠慮することはないのです。
煩わしい営業があった場合はきっぱりと断ればいいだけの話なのです。
大手不動産会社に依頼する場合、期待できるのは取扱物件数が多い、支店間の情報のやり取りで広域の物件が探せる、知名度で安心ができるということのようです。
しかし実際の所、不動産業界の物件に関する情報はどの不動産屋にも調べることができるのです。
大手だからといって特別なわけでもありません。
逆に地域に密着した地元不動産会社では地元の情報に特化している、物件の周辺環境に詳しい、地元の大家さんや地主さんからの情報が集まっているということが期待できるようです。
注意したいのは機動力があるかどうかというところでしょうか。
どちらも長所と短所は考えられるのですがどこの不動産会社からもらっても情報は情報なので、物件を探している側からすればいい物件の情報が入手することが大事ですね。

Posted on 8月 20th 2010 in 不動産, 物件探し

物件探しの依頼

コメントは受け付けていません。

中古マンションなどの物件を探す際に毎日自分で情報を集めるということは必要不可欠な事ですが、それ以上に不動産会社から情報をもらうということが重要な事だと思います。
不動産会社に探している中古マンションの希望条件などを伝えておいて、新しい物件情報をもらうわけですが、中古マンションや中古住宅など不動産住宅物件を探したいにもかかわらず不動産会社からの営業が煩わしいとなかなか踏み出せない方が多いのも事実のようです。
しかしそのような方は物件探しも長期になってしまうことは言うまでもありません。
また不動産会社に物件探しの依頼をして情報をもらってもそこでお金がかかるわけでもなく、不必要な営業に対してはきっぱりと断ればいいだけの話なのです。
また不動産情報誌やフリーペーパー等は月一や定期的な発行ですし、インターネットに載せられる不動産情報も毎日更新というわけでもありません。
不動産情報誌やインターネットで見た物件の問い合わせをしても既に成約が決まってしまったと回答をもらうことも多いと思います。
それに比べ、熱心な不動産会社は不動産業特有の情報源で毎日のように営業エリア内の物件情報を集めているわけです。
もしかりに希望条件に合う物件があれば、即お客様に連絡を入れるというわけです。
そのためにも不動産会社にしっかりと希望条件を伝えておくべきだと思います。
不動産物件の情報入手の早さと量が早く希望の物件と出会えるかを決めると言っても過言ではないと思います。

Posted on 7月 19th 2010 in 不動産, 物件探し

物件探し

コメントは受け付けていません。

中古マンションの物件を探す際に大事にしないといけないのは「希望の物件にどれだけ早く出会えることができるか」ということだと思います。
中古マンションなどの不動産物件を探す際を探し始めてから契約を結ぶまでの期間は平均して3~4ヶ月ぐらいだと考えたらいいと思います。
この3カ月、4カ月というのは本気に物件探しをするということを前提にした期間でのことです。
どれだけ真剣に物件探しをしても、自分達が物件を探しているタイミングと中古マンションなどの物件が不動産市場に出てくるタイミングが合わないことがあります。
毎日、雑誌、新聞、チラシまたインターネットを使って不動産情報をチェックしても全く動きがないということは珍しいことではありません。
ただ物件が見つからないからといってこちらの動きを止めてしまうと、いざ不動産市場が動き出した時に動くことができないどころか不動産市場が動き出したこと自体に気づかないということになってしまいます。
一般的な言い方になりますが、「継続は力なり」という言葉は芯を得ていると思います。
基本的に不動産の物件探しは情報源が一番必要な物なのでインターネットなど更新が確かめられる物は必ずチェックすることが大切ですね。
また複数の不動産会社に物件探しの依頼をしている場合は、頻度が高く定期的に物件の情報をくれる不動産会社とそうでない不動産会社があるため、どこに依頼を続けるかということも判断ができると思います。
できるだけ有効な情報を流してくれて、熱心な不動産会社に出会えることも重要なポイントになりますね。

Posted on 6月 10th 2010 in 中古マンション, 物件探し