マンションで迎春気分

コメントは受け付けていません。

マンションの場合、外見上同じ形のサッシ、同じ間取りの部屋が並んでいるため、没個性的です。マンションの共有部分や個々のベランダの使い方にも制約がありますから、どうしても、迎春ムードはそがれてしまいます。

そんな中で、少しでも、迎春ムードを盛り上げることを考えてみましょう。まず、玄関です。近代的な外観ですから、私はお正月用のリースを飾ります。私のリースの土台は、藤蔓ですが、藁をしめ縄状に編んで、丸くして、土台にしてもいいです。それに、ドライフラワーや松ぼっくりなどを自由につけてアレンジします。結納やお祝い袋の水引細工の鶴などを利用すると、華やかになります。

玄関には、28日までには飾りましょう。玄関内の壁には、和凧をアレンジしてみました。玄関の飾り棚には、数年前に金魚を飼っていたときの染付の水盤を花器に見立てて、ちょっとモダンな正月の花を活けてみました。若松と葉ボタンとくると、大菊と小菊各種ということになりますが、今年は少し冒険して、カサブランカを大胆に活けてみました。廊下の壁をくり抜いて作った飾り棚には、毎年、干支の土鈴を並べます。

毎年、1つずつ購入し、後4つで、全部干支が揃います。リビングテーブルの上には、私のうす紫の小紋と淡いピンクの無地の余り布で作ったテーブルライナーを敷き、金や銀色にペイントした松ぼっくりを置きました。ダイニングテーブルには、お嫁入りのとき持ってきた会津塗の重箱と祝い箸がスタンバイしています。今年は、輪島塗のお椀を5客揃えました。テーブルにちょうど良い花器がなかったので、神戸で買ったガラス製のパスタ入れの蓋を取って、さまざまな色の小さな毛糸の玉を入れ、金銀のスプレした柳、胡蝶蘭の造花を指してみました。普段はシンプルなマンション暮らしには満足していますが、クリスマスやお正月などの行事には少し味気ない気がします。

シンプルなマンション暮らしだからこそ、持っているものをアレンジして、季節感を取り入れて、モダンに演出していく楽しみがあります。

Posted on 12月 10th 2012 in 未分類