おもてなしができる家

コメントは受け付けていません。

新築住宅を建てると親戚や友人達が遊びに来る機会が多くなります。
また私たち夫婦の両親は少し遠方に住んでいるため、遊びにくると必ず宿泊します。
このことを考えお客さんをしっかりとおもてなしできる家でありたいと思っています。
お客様をもてなすことで必然的に家族にとっても暮らしやすさや高い快適性を得ることができるのです。

まず一つ目は玄関ホールに手洗いコーナーを設けることです。
お友達が来ても気兼ねなく使えるので便利ですし、わざわざ洗面室へ案内する必要もなくなるのです。
洗面ボウルの周りをモザイクタイルでオシャレにし、水栓もアンティーク感漂うこだわりのアイテムにすることで素敵な玄関ホールとなるのです。
幼稚園のお友達が来た際に必ず使う手洗いスペース。
玄関入ってすぐ手を洗えると帰宅してきちんと手洗いの習慣も身に付けられるのでいいと思います。

次に和室の充実です。
和室を多目的に使用できる使い勝手のいい空間にするにはまずは設ける位置です。
リビングと離して和室を設けるのではなくリビングの一角に設けることで使用頻度の高い使い勝手のいい空間になるのです。
リビングと離すと客間として特別な部屋にはなりますが、普段はほとんど使用しない部屋になりがちです。
これを解消するためにもリビングの一角に和室を設けた方がいいのです。
宿泊者の宿泊ルームにもなるようにリビングと和室の間は可動間仕切りを設け和室を個室としても使えるようにすることです。
そうすることで宿泊者もプライベートな空間を得ることができ、ゆっくり休むことができます。
おもてなしができる家を目指したいと思っています。

Posted on 11月 1st 2014 in 間取り