和室のあり方

コメントは受け付けていません。

新築住宅を建てる人は和室のあり方のついて悩む人も多いではないでしょうか。
我が家の住宅の間取りを考える際に、和室を完全独立型にするか、リビングにつながった和室にするか迷いました。
このように迷う人は自分のライフスタイルを考えてみてください。
親戚やご両親が泊まりに来たりする機会が多い家庭であれば独立型の和室がいいと思います。独立型の和室であれば宿泊者をゆったりとおもてなしできることと思います。

リビングのテレビの音を気にせず休むことができます。
また和室を客間として活用する機会が多いのであれば独立型の和室があった方が便利だと思います。リビングにお通ししたくないお客様が来てもこの和室で対応できるのです。
リビングとつながりのある和室にすると、和室を多目的に使用できる実用性の高い空間とすることができます。
またリビングを広く見せたいという人はこのつながった和室だと効果を発揮してくれます。リビングと開放して使って広さを演出できるのです。
リビングにお通しできないお客様はほとんど来ないという家庭や、宿泊ルームとして和室を活用する機会も少ないという家庭はこちらのスタイルの方が和室の活用法の幅を広げることでしょう。

我が家は自分達のライフスタイルを考えた結果、リビングにつながった和室にすることにしました。家族の集まるリビングを重視していたのでつながった和室にすることで広さを実現できます。
和室を個室としても使えるように扉も設けました。
子どものお昼寝や、洗濯物やアイロンがけなど家事をする空間としていいと思います。
和室のあり方を今一度考えてみてもいいと思います。

Posted on 3月 21st 2015 in 新築, 間取り