1ルーム2ドア

コメントは受け付けていません。

我が家の子ども部屋は1ルーム2ドアを採用しました。我が家の子ども達は4歳と2歳でまだまだ個室を必要とする年齢ではありません。幼少期は子ども達がのびのびと遊べる子ども部屋が理想的です。子ども部屋をそれぞれの個室にするのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にするのです。そうすれば走り回れてのびのびと遊べる子ども部屋になります。お友達が遊びに来た時もゆったりと遊べる子ども部屋があると嬉しいものです。

小学生頃になると共に遊び、共に勉強し、共に寝る子ども部屋として兄弟姉妹で過ごす時間を大切にできます。中学生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。その時初めてこのワンルームを二つの空間に区切るのです。将来的に二つの空間に区切ることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットは二部屋分設けておくのです。このように環境を整えておけば、個室を必要とした時にサッと空間を区切って個室として利用できるのです。

この1ルーム2ドアの子ども部屋は最近非常に人気となっています。子どもの成長に合わせてその時々で最適の空間を子ども達に与えてあげられるので、子ども達にとっても非常に満足度の高い住宅となるのです。我が家は子ども部屋を勾配天井にしました。勾配天井にすることで個室になった時に狭さや圧迫感を感じることがなくなります。またこの勾配天井を活かしてロフト収納も設けたのです。成長と共に増えていく物をきちんと整理するにはピッタリの場所です。子ども部屋の充実も忘れてはいけないのです。

Posted on 2月 12th 2016 in 間取り