寝室に設けた書斎スペース

コメントは受け付けていません。

我が家の寝室には、主人の希望でもあった書斎スペースを設けました。寝室の一角を利用したため、寝室とのメリハリにこだわりました。まず床です。寝室はフローリングにして書斎スペースは主人の希望の畳を敷き詰めました。ゴロンと横になって漫画を読めるようにしたかったようです。

床の素材を変えることと、書斎スペースに一段高さを設けてスキップフロアにしました。床に高低差を付けることで同じ空間でもメリハリが生まれ書斎スペースを個室のような感覚さえ得られるようになるのです。

そして壁です。天井まで壁で区切ってしまうと互いの空間に圧迫感を与えてしまいます。そこで程よい高さの壁を設けて、互いの空間の繋がりを大事にしながらも、気になる視線をカットできるようにしました。互いの気配を感じながらも自分の時間に集中できるためより居心地の良さや安心感が得られるのです。書斎スペースにはカウンター造り付けています。持ち帰りの仕事をしたり、パソコンを利用したりと作業しやすい横幅と奥行を確保しました。電子機器を使用することにも配慮して配線計画を行いました。

漫画や仕事の書類を整理できるように壁厚を利用した壁面収納も設けています。そのおかげで広さはなくてもスッキリと居心地のいい空間が広がっています。子ども達がまだ小さいため寝室で家族みんなで寝ています。子ども達を寝かせつけた後は私がこの書斎スペースを利用することもあるのです。お肌のナイトケアを行ったり、趣味のネットショッピングを楽しんだり自分の時間を大切にすることができているのです。家族で過ごす時間を大切にするとともに、このように自分の時間も大切にできるスペースがあるといいものです。

Posted on 4月 11th 2017 in 間取り