大手ハウスメーカVS工務店

Add comments

家造りをするにはまず業者を選ぶことから始まります。この業者選びこそがまさに家造りで一番大事と言っても過言ではないと思います。一生に一度の大きな買い物となる住宅であるだけに信頼できるパートナーでなければ安心して家造りを進められないのです。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで数多くの業者が存在するのでその中から一社を選び出すのは容易なことではないのです。

しかしまずこれらの大きな特徴を知ることで業者選びも行いやすくなると思います。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っていることです。モデルハウスやカタログなど家づくりのイメージを沸かせるための材料が豊富なので、住宅に無知な人にとっては助かります。

モデルケースを多数持っているため、その中からプランを選ぶことができますし、部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかからないのです。しかしモデルハウス管理維持費や広告宣伝費などのさまざまな経費が建築費に上乗せされるため価格がどうしても高くなってしまうのです。自社商品しか売ってくれないということもあるのです。

地元に密着した工務店は、建築主の希望や都合を最優先してくれ、大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができます。地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視する人も多いです。また洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じる人も多いのです。それぞれの特徴を知り、自分達にはどちらが適しているかを見極めるのもいいと思います。

Posted on 5月 6th 2016 in 新築

Comments are closed.