シンプルライフってどんな暮らし?

Add comments

シンプルライフに憧れる人は多いです。心を整理し、生き方を見つめなおすためには、暮らしをシンプルにするのがいちばんです。物でゴチャゴチャの暮らしは、もううんざり、もっと身の回りをスッキリさせて、ゆったり暮らしたいと願います。シンプルライフは、無駄を排して、必要最小限の物で暮らすことといわれますが、では無駄な物って何でしょう、必要最小限はどの程度なのでしょうか。

ある人にとっては、青春時代に集めたアナログのレコードはとても大事な物ですが、他人から見ると、あんな古いもの取って置いて、と思えます。またもう着られない服を後生大事に取っておいてもしょうがないと見えるものでも、本人にとっては大切な思い出かもしれません。

他人の持ち物は無駄に見えます。必要最低限というのは、住んでいる土地や体質、所属する社会層などによっても、千差万別に変わります。たとえ人生をシェアしている夫婦であっても、無駄な物、必要な物は異なっています。

お皿は何枚、靴は何足と、予め決まっていて、それに従ってさえいれば、シンプルライフが完成するなら楽ですが、実際は違います。万人に共通するシンプルライフのスタイルはないのです。

物が少なければ少ないほどいいなら、単なる我慢大会になります。シンプルライフは物がない暮らしではなく、物に振り回されない暮らしです。足りない物も、過剰な物もない、自分にとってちょうどいい規模の暮らし、心と体が健康で、リラックスできる暮らしなのです。それは自分にしか分かりません。自分で探していかなければいけないのです。

一人ひとりのサイズに合った、ちょうどいい暮らしを考えていくことで、質の高いシンプルライフを目指しましょう。

Posted on 11月 15th 2017 in 新築

Comments are closed.